内科の求人ドットコム - いろいろあった内科の求人

内科求人

2012年10月19日

内科求人

現在、高齢化社会と言われ、年々、高齢化が進むと考えられている。この状況から考えると、内科医師の存在が大変重要になるであろうと思われる。内科診療は外来、病棟管理、夜間当直業務、在宅診療など診療業務において非常に多忙であり、同時に過疎化地域での医師不足が深刻化を極めている。医療機関では内科求人募集をすることで内科医の人員を増やし、一人の医師にかかる負担を軽減するため、医師の診療環境を徐々に整えようとしている。また、教育体制を整えるとともに研修医を積極的に募集している医療機関も多くなっている。ただ、自分の思うような勤務地が必ずしも存在することは無く、勤めたくても勤められない医師も存在している現状です。そこで、多くの情報サイトがウェブ上に立ち上がっています。豊富な内科求人を紹介することで就職・転職をコーディネートするだけでなく、将来にわたるエージェントとして、医師を応援していこうという良質サイトがたくさん存在しているのです。全国的にみて、人口当たりの医師数の少ない地域、複数の大学が混在している地域の医師求人は勤務条件が良くなっている。外来診療や病棟診療はもちろんのこと、訪問診療や健康診断、人間ドックなどにも協力してくれる医師には人気がある。前述の通り、転職を志望するすべての医師が、思いどおりに好条件の施設に移れるかというと、そうとは限りません。なぜなら昨今の医療改革で厳しい経営環境におかれている医療施設は今後、存続・発展していくために、さらなる経営改革を強いられ、その主軸を医師においていることから、彼らに対して、期待だけでなく要望も大きくなっているからです。

内科求人

2012年10月18日

内科の求人はなくならない

日本は、高齢化社会をすぎて超高齢化社会と言われるほどの年齢の高い人の割合が高くなっている。しかし、これはまだ序の口であり、これからどんどん増えていくことは間違いないであろう。今の若い人たちはこれだけ、お年寄りがいるというのは当たり前の光景かもしれないが、われわれが若いときはこのようなことは稀であった。田舎にいかないと年寄りはそんなにいないようなイメージであったが、現代では、右も左もお年寄りがいる。


内科の求人が増えていくのは、これからお年寄りが増えていく一方、長生きしている人も増えていく。その中でどうしても病気によって医者通いをしなければならない人がかなりの割合になると考えれば、これらが必要になってくるのは必至だ。しかし、子供が少なくなっているということも見逃せない。子供が多くない上に、医者になる人がそんなにいなかったりすればますます内科の求人は必要になってくる。このような時代はすぐそこまで来ている。


医学の発達によって、かなりのことが改善されてきた病気に反して医師不足ということも忘れてはならない。医者が足りないということは、まともな治療を受けられない。もしくは、未熟な医者に診察してもらうということになり、事故を起こしかねない。内科の求人は顕著で、とりあえず体調が悪かったら、内科に行く人が多いということから、どうしても内科は混む。予約がいっぱいでどうにもならない病院もあるということがあることは、これからの日本の課題だと言える。

内科求人

2012年10月16日

内科の求人ドットコム

いつのころから開設され始めたのか、内科の求人や、総合内科の求人・医師のスポット求人など、お医者様の転職ウェブサイトが目立ちます。内科の求人は、首都圏から地方まで前年に引き続き、非常にお高い状態のようです。地域一般病院・総合病院、製薬会社・クリニックや老人保健施設・療養病院までありとあらゆる分野まで、募集がでているそうですよ。総合病院においては、総合診療医としてプライマリケアを担当する医師のニーズが増加傾向のようです。


精神病院や、整形外科専門病院などの内科の求人が増えてきているのも、特徴的といえるでしょう。求人ウェブサイトによっては、内科の求人を観覧後、転職に成功している方の体験談が掲載されている場合があります。転職前の年齢や、勤務状況・年収は勿論のこと、どうして転職を考えたのか・新しい勤務先が決まるまでの流れであったり、現場についての感想なんかが細かく掲載されているので、参考になるでしょう。40代・50代・60代の医師の転職についても、掲載がある場合もあるそうです。


現在は医師の不足が社会問題となっていますが、たんに「労働が過酷」や「過疎化の進む土地へ派遣されるには躊躇する」などの理由だけではないんだなぁって、感じます。「もっと患者さんと触れ合える職場を希望して」とか、「生まれ故郷に帰り、そちらでも医師として働きたい」など、様々な理由を今回、知れました。ウェブサイトによっては、非公開求人というものも存在し、転職をしたいが、探すお時間がなかなか作れないなどといった事情のある方に、申し込みをすることで公開していることもあるそうですよ。